推理小説を主に読むミステリーファンの感想メモ

推理小説とミステリーと

推理小説史上最高のトリックは?トリックがすごいミステリー&推理小説ランキング30

更新日:

推理小説史上最高のトリックは何か?
ミステリーファンの間では尽きない話題ですね。

数ある名作ミステリーの中からトリックのすごさに焦点を当てたランキングです!

1位 占星術殺人事件 島田荘司


とある画家が密室で殺害された。
部屋からは画家が書いたおぞましい内容の手記が見つかり、その後手記の内容と同様の事件が起こるも解決には至らなかった。
事件から40数年経過し、この難解な事件に御手洗潔が挑む。

人気の御手洗潔シリーズの1作目です。

この推理小説のウリはまさに「トリックの秀逸さ」。
あまりに斬新でよくできたトリックに、「金田一少年の事件簿」をはじめ、色々な作品で盗…ではなく、オマージュされたという噂も。

優れたトリックの作品を読みたい方には外せない作品でしょう。

2位 十角館の殺人 綾辻行人


大学のミステリー研究会の仲間7人は、角島に建つ十角形の館に足を運び、そこで連続殺人事件に巻き込まれる。

綾辻行人さんの人気シリーズ「館シリーズ」のなかでも「傑作!」と賞賛される作品です。

大どんでん返し系のトリックが好きな方には欠かせない作品でしょう。

何を語ってもネタバレになってしまうので、まずは読んでみてください。

3位 臨床法医学者・真壁天 高野結史


読んだばかりで興奮冷めやらないテンションもあって3位にしました。

ラストのどんでん返しに注目されがちですが、そこまでの展開も二転三転します。
個人的にはラストの手前で明かされる真相に鳥肌が立ちました。

また、秀逸なのはトリックが単なる騙しや仕掛けで終わらず、
ドラマやテーマと密接に結びついていること。

真相が明らかになるたび驚くと同時に感情が揺さぶられます。

トリックはすべて出尽くしたと言われる中、
見せ方はいくらでも新しくできるんだなと感心しました。

4位 そして誰もいなくなった アガサ・クリスティー

孤島に集合させられた10人が、連続殺人の犠牲者に。

殺される理由はなぜなのか、そして犯人は誰なのか。

残された者たちは心理的に追い詰められていく。

「ミステリーの女王」アガサ・クリスティーの傑作です。

この手のトリックは今ではあちこちで見られますが、当時はかなり斬新だったことでしょう。

古典で王道すぎるので4位にしていますが、
大どんでん返し系の元祖ということで、今読んでもやはり新鮮に感じます。

5位 容疑者Xの献身 東野圭吾

天才数学者で湯川学の友人石神は、アパートの隣の部屋に娘と暮らす花岡靖子に想いを寄せていた。

ところが花岡は、ある日アパートに来た元夫を殺害してしまう。

そんな花岡を助けたい一心で、石神は完全犯罪計画を立てるが…。

人気シリーズ「ガリレオシリーズ」の長編作品。

映画化もされた人気の作品です。

ガリレオシリーズはどれもトリックが秀逸なのですが、これもかなりトリックが練られています。

トリックのすごさだけでなく、登場人物の心の動きを繊細に描き出しているところも、長編作品ならではの魅力でしょう。

6位 屍人荘の殺人 今村昌弘

神紅大学ミステリー愛好会に所属する葉村譲は、ミステリー愛好会会長の明智恭介とともに、きな臭いがつきまとう映画研究部の夏合宿に潜入する。

そこに同じ大学の剣崎比留子も同行。

夏合宿の会場ペンション紫湛荘では、連続殺人事件が起こる。

葉村たちはどうなるのか。

推理小説らしからぬ奇抜な設定を本格ミステリーに仕上げた斬新な作品。

秀逸なトリックとは違いますが、これまで見たこともないトリックに驚かされます。

まだ読んだことのない方は、まずは読んでみてください。

シリーズ化もされており、続きも気になるところです。

7位ハサミ男 殊能 将之

ハサミ男は、美少女の喉にハサミを突きつけるという手口で殺人を繰り返していた。

ある日次のターゲットに目をつけていた少女を、自分の模倣犯に殺されてしまう。

ハサミ男は横取りした犯人を探すことに。

伏線があちこちに張り巡らされており、ラストに向かってどんどん回収されていきます。

驚きのラストに「してやられた!」と感じること間違いなし!読む前にネタバレを踏まないよう注意してくださいね。

8位 葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午

なんでもやってやろう屋の成瀬は、後輩のキヨシの頼みを聞いたことがきっかけで、面倒なことに巻き込まれる。

事件を解決できるのか。

推理小説マニアの方々の間でも、「このトリックはすごい!」という声が多数集まっています。

とにかく斬新なトリックというほかありません。

予備知識なしで読んで、「やられた!」という快感を存分に味わってください。

9位 ある閉ざされた雪の山荘で 東野圭吾

とあるオーディションに合格した7人の男女が豪雪地帯の山荘に集められる。

これから始まる舞台稽古が、殺人劇であるとも知らずに…。

雪の山荘という密室が舞台の作品ですが、東野圭吾さんの持ち味である、計算され尽くされた物語構成を堪能できます。

ロジカルなトリックが好みの方に特におすすめの推理小説です。

10位 すべてがFになる 森博嗣

「S &Mシリーズ」の1作目。N大助教授の犀川創平と女子学生の西之園萌絵は、ある孤島にいた。

そこで孤島の研究所で暮らす天才プログラマー真賀田四季と出会い、彼女がからむ難解な事件の解決に乗り出す。

作者の森博嗣さんは物理学者ということで、どの推理小説もロジカルなトリックが用いられているのが魅力です。

この作品も、最新技術が登場するなど新しさを感じる設定とトリックが斬新な印象。

犀川と西之園の恋愛模様も楽しめる要素となっています。

11位 ロートレック荘殺人事件 筒井康隆

郊外の洋館に集まった将来有望な男女。

優雅なひとときを過ごすつもりが、惨劇に巻き込まれる。

一体誰の犯行なのか。

斬新で挑戦的な技法が特徴的な筒井 康隆さんの小説。

推理小説も、「そんなトリック見たことない!」という斬新なものです。

筒井康隆ワールドを堪能したい方、普通の推理小説のトリックに飽きた方にぜひ読んでほしい作品です。

12位 異人たちの館 折原一

売れない作家島崎は、「富士の樹海で行方不明となった息子の伝記を書いてほしい」と依頼される。

島崎は、その息子を調査するうち、奇妙な事件に巻き込まれる。

作者の折原さんは、「叙述トリックの名手」と賞賛されています。

そのためどの作品も「叙述トリックだろう」と思いながら読み進めていくのですが、やはり騙されてしまうほど、トリックが秀逸。

そんな折原さんの推理小説の中でも「最高傑作」と賞賛される作品です。

13位 仮面山荘殺人事件 東野圭吾

8人の女性が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が押し入った。

なかなか脱出できない中、ついに殺人事件が起こるも、犯人は強盗たちではない。

ではいったい誰なのか。

東野圭吾さんお得意の、あちらこちらに伏線を紛れ込ませ、それを一気に回収するスタイルの爽快感のあるストーリーです。

読み終えた後に、もう一度読み返し、伏線とトリックを確認したくなる作品です。

14位 ポアロのクリスマス アガサ・クリスティー

聖夜に起こった富豪屋敷の密室殺人。

ポアロは休暇返上でこの難解な事件に挑む。

アガサ・クリスティーといえば「意外な犯人」がウリですが、この作品もその一つ。

同じポアロシリーズの「アクロイド殺し」に比べるとマイナーな作品ですが、トリックの秀逸さは負けないくらい評価に値します。

15位 姑獲鳥の夏 京極夏彦

古書店と憑物落としを生業とする主人公のもとに、「密室から消えた男を捜索してほしい」という奇妙な依頼が持ち込まれる。

京極夏彦さんの人気シリーズ「百鬼夜行シリーズ」の1作目。

「密室から人間が消える」という京極さんらしい奇怪な展開に、驚かされること間違いなしですよ。

どんなトリックなのかは実際に読んで確認してみてくださいね。

独特のダークな世界観もクセになります。

16位 斜め屋敷の犯罪 島田荘司

「斜め屋敷」と呼ばれる北海道宗谷岬に建つ傾いた館でパーティーが開かれる。

その翌日密室殺人事件が起こる。御手洗潔がこの謎に挑む。

人気の御手洗潔シリーズの2作目です。

1作目の占星術殺人事件のトリックが「傑作」と評価されていますが、こちらもまた奇想天外なトリックに度肝を抜かれるでしょう。

とにかくトリックの凄さを味わってほしい作品です。

絶妙なタイトルにも注目ですよ。

17位 三毛猫ホームズの推理 赤川次郎

女性が苦手な片山刑事は、あろうことか女子大生殺害事件の担当となり女子大の寮に潜入する羽目に。

そんな片山刑事は、その寮で出会った三毛猫ホームズを引き取ることに。ホームズと過ごすうち、ホームズの並外れた能力に気がつく。

「読みやすい」というイメージの赤川次郎さんの推理小説は、本格的な推理小説を好む人からは敬遠されがちです。

でも赤川次郎さんの作品が長く愛され続けるのは、優れたトリックがあるから。

特にこの作品は、あっと驚くトリックが支持されています。

まだ読んだことのない方は、ぜひ読んでみてくださいね。

18位 殺戮にいたる病 我孫子武丸

蒲生稔は、東京の繁華街で猟奇殺人を繰り返すサイコキラー。

なぜそんな事件を起こすのか。

あっど驚く展開がウリの推理小説です。

「どんでん返しがある」とわかって読んでいても伏線になかなか気がつかず、「騙されてしまった」という感想を多く見かけます。

それだけよくできた構造の推理小説なのです。

読み終えた後に再度読み返すと、気がつかなかった伏線が確認でき、また違った面白さを味わえるでしょう。

19位 硝子のハンマー 貴志祐介

成長著しい介護サービスの会社の社長が殺害された。

発見された現場は完全な密室。

この難解な事件に、青砥純子と榎本径のコンビが挑む。

長編ならではの緻密な設定が、物語に深みを増しています。

数ある密室トリックの中でも斬新なトリックで、「そうきたか」と唸らされます。

20位 月光ゲーム―Yの悲劇'88 有栖川有栖

英都大学の推理研究会は、矢吹山のキャンプ場で合宿をすることに。

そこで突然山が噴火し、キャンプ場は陸の孤島に。

そこで起こった殺人事件。

犯人は一体誰なのか。

トリックの出来を純粋に楽しめる推理小説が多いクローズド・サークルものですが、この作品はエラリー・クイーンの作品のオマージュで、純粋に事件の推理や犯人当てを楽しめる構成となっています。

奇想天外なトリックではありませんが、自分で物語を読み解きトリックを推理する楽しさを味わえますよ。

21位 夏と冬の奏鳴曲 麻耶 雄嵩

ミステリアスな孤島で、雪が降り積もった夏の朝に首のない遺体が発見される。

謎に包まれた孤島で起こった事件の真相とは?

一般的な推理小説の、予定調和的な展開に飽きてしまったという方におすすめなのがこの推理小説です。

ただあまりにも斬新な設定やトリックに賛否両論あるのも事実。

「ドグラ・マグラ」が好きな方は、きっと気に入ることでしょう。

「我こそは!」という推理小説フリークは、ぜひ手に取ってみてその奇書ぶりを確認してみてください。

22位 そして二人だけになった 森博嗣

海水に囲まれた密室で起こった連続殺人事件。最後に残されたのはたった2人。

一体何が起こったのか。

森博さんといえば、S &Mシリーズなどのシリーズものが有名ですが、この作品はそういったエンタメ作品とは一味違った面白さを感じます。

事件のトリックと心理的トリックが絡み合った構造となっており、一般的な推理小説とは違ったトリックのすごさを味わえますよ。

23位 不連続殺人事件 坂口安吾

詩人歌川一馬に招かれ、山荘に集った男女は、誰もが奇人変人ばかり。

その中で起こった連続殺人事件。その事件に隠された意図とは。

純文学作家の坂口安吾らしい表現力や、ロジカルなトリックと隠れた伏線が魅力です。

言葉遣いが昔風なので、少々読みにくさを感じるかもしれませんが、純粋な「謎解きの面白さ」を堪能できますよ。

24位 ジェリーフィッシュは凍らない 市川憂人

ファイファー教授らは、航空機の歴史を変えた小型飛行船ジェリーフィッシュを発明した。

開発メンバーたちがジェリーフィッシュの最終チェックをしている際、メンバーの一人が殺され、試験機は雪山に不時着する。

そんな状況でさらに犠牲者が増えていく。

秀逸なトリックで人気の「十角館の殺人」への挑戦とも言われている作品です。

数あるクローズド・ミステリーの中でも、斬新でよくできたトリックと言えるのではないでしょうか。

クローズド・ミステリーが好きな方は、ぜひ読んでみてください。

25位 向日葵の咲かない夏 道尾秀介

小学校を休んだS君にプリントを届けに行ったミチオは、そこでS君の首吊り死体を発見する。

しかし大人たちが駆けつけた時にはなぜか死体が消えている。

その後あるものに姿を変えたS君があらわれ「殺されたんだ」とミチオに訴え、ミチオは妹とともに事件の真相を探る。

いわゆる「イヤミス」ものなので、好みが分かれるところかもしれません。

トリックそのものはそれほど斬新ではないかもしれませんが、設定が斬新なので新鮮な驚きを感じるでしょう。

モヤモヤが残る推理小説が好きな方に特におすすめです。

26位 蛍 麻耶雄嵩

大学のオカルトサークルに在籍する6人は、殺人事件が起こった過去を持つ京都の山間部にある「ファイアフライ館」に足を運んだ。

その場所では、半年前にもメンバーの一人が殺されたのだ。

そしてサークル合宿の最中、さらなる事件が起こる。

この推理小説のキモは、2段構えのトリックです。

1つのトリックは誰もが気がつきますが、もう1つのトリックは気がつきにくく、ここに気がつくか気がつかないかで、この推理小説の面白さが変わります。

ありきたりな推理小説のトリックに飽きた方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

27位 アリス殺し 小林 泰三

最近アリスの夢ばかり見る大学院生栗栖川亜理は、ある日ハンプティ・ダンプティが墜落死する夢を見た。

その後すぐに大学に行くと、たまごというあだ名の男性が屋上から落ちていた。

その後も夢の中の出来事と同じような殺人事件に出くわす。

そして夢の中ではアリスが容疑者となっていた。

アリスの世界観と本格的な推理が混ざり合った、これまでにない推理小説です。

いい意味で最後まで期待を裏切られ続けるストーリーに、ページをめくる手が止まりません。

あっと驚く結末が好みの方に特におすすめです。

28位 呪い殺しの村 小島 正樹

東北にある不亡村に、古くから伝わる「三つの奇跡」を調査する探偵・海老原浩一は、東京で起こる連続事件と奇跡の関係を調べることに。

この推理小説は、メインのトリックが秀逸で「よくできている」と唸らされます。

昔からある千里眼や予知などのトリックを暴くのですが、「どう考えても超常現象では」という事件なので、とにかくすごいの一言です。

どんなトリックなのか、ぜひ確かめてみてくださいね。

29位 扼殺のロンド 小島 正樹

密室で見つかった、不可解な原因で亡くなった2つの遺体。

その後もその遺体の親族が次々に密室で死亡する。

トリックには心理的トリックと機械的トリックがありますが、小島さんの推理小説は、機械的トリックが優れているものが多いです。

「そんな仕掛けだったのか!」とわかったときの驚きや爽快感は、機械トリックものの醍醐味でしょう。

この作品でも、そういった驚きを堪能できます。

30位 密室殺人ゲーム王手飛車取り 歌野晶午

5人のうちの1人が殺人を犯し、他のメンバーがトリックを言い当てる殺人ゲームが繰り広げられる。

歌野晶午さんといえば、「葉桜の季節に君を想うということ」が有名ですが、この推理小説も、同じくらい秀逸と言えるでしょう。

犯人ではなくトリックの推理に特化したところが、トリックを味わいたい方にはぴったりな設定ですね。

ぜひ登場人物と一緒にトリックを推理してみてくださいね。

推理小説トリックTOP3

-推理小説ランキング

Copyright© 推理小説とミステリーと , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.